民事再生

民事再生とは借金の総額(住宅ローン以外)を5分の1ぐらいまで減らして3年間で分割して返済していくという手続です。自己破産のように借金の返済義務がなくなるわけではありませんが、高価な財産(主に住宅)が処分されることもありません。また、一定の職業に就けなくなることも民事再生の場合はありません。

民事再生のメリット

  • 債務の大幅な減額が可能
  • 住宅を手放さずに済む
  • 職業・資格の制限がない
  • 借金の原因がギャンブルでも民事再生を利用できる

民事再生のデメリット

  • 信用情報悪化の可能性(一定期間借金やクレジット不可)
  • 住宅ローンは減額されないため残額が多い場合は、計画案が立てにくい
  • 借金の総額が5000万円以下の個人で一定の収入を得られることが条件
  • 手続が煩雑で時間がかかる為、費用が高額

住宅ローン特別条項

民事再生を行うことの大きなメリットとして、所有住宅を守ることができる点ですが、住宅ローンが残っているマイホームを残して、個人版民事再生を行うためには、住宅ローン特別条項という制度を利用する必要があり、利用するには条件があります。

住宅ローン特別条項を利用するための条件

  • 個人が所有している家である
  • 主に生活を営んでいる家である
  • 家の床面積の2分の1以上を住居として利用している
  • 住宅ローンが分割支払いによるものである
  • 住宅ローンの対象住宅に抵当権が設定されている
  • 住宅ローン以外の借入れによる抵当権が設定されていない
  • 保証会社による代行弁済が行われてから6ヶ月が経過していない

民事再生費用

※下記費用は債務整理事件の難易度により金額が変更する場合があります。
住宅ローン特別条項適用なしの場合
司法書士基本報酬300,000円(税別)
実費約30,000円印紙・切手・予納金等
住宅ローン特別条項適用の場合
司法書士基本報酬400,000円(税別)
実費約30,000円印紙・切手・予納金等

司法書士報酬については、手続着手時に最低3万円のご準備により、残金について分割支払いのご相談にも応じております。