相続手続き

遺産相続・遺言作成のご相談に始まり、相続登記手続、遺産分割協議書の作成、相続関係書類の取寄せ代行、遺言書(案)の作成、遺言執行ほか、遺産相続に関する事務手続きをお引き受けしております。遺産相続・遺産分割・遺言等の各種手続についてのご質問・ご相談・費用の見積もりなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

遺産分割・遺産整理

法定相続分という民法で定められた相続割合では、紛争が起こる可能性が高いため、この問題を解決する最善の方法として相続人全員が納得するまで協議する「遺産分割協議」というものがあります。ただ一人でも相続人が欠けた中で協議した場合、協議は無効となるのでご注意下さい。この遺産分割協議には法律上、協議書の作成を要求してはおりませんが、後々のトラブル防止のため遺産分割協議書を作成しておくことをお勧め致します。

遺産分割方法の種類

  • 現物分割
  • 換価分割
  • 代償分割
  • 共有分割

遺産分割協議書の作成をはじめ相続に関する事務手続きをお引き受けしております。遺産分割で少しでも分からないことや不安な点があったら当事務所にご相談下さい。

遺言書作成

遺言とは、死後に自分の意思を残す大切な手段です。ご自身の大切な人々の間のトラブルを防止するためにも遺言を残すことをお勧めします。遺言書を作成することによって、財産を誰に残すかをご自身で決めることができるため、自分の死後、遺産分割協議をする必要が無く、相続人らが相続財産をめぐるトラブル等を避けることができます。また、遺言書を作成しておけば法定相続人以外の人に相続財産を残すことも可能です。

遺言書の種類

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

自筆証書遺言で争いになる原因の多くは、記載内容が曖昧・不明確なことで起こります。お勧めは公正証書遺言です。記載内容は十分検討の上作成されますので、トラブルが少ないのが特徴です。当事務所では遺言書作成のお問合せも受け付けております。

相続放棄

相続人が被相続人の一切の権利や義務を引き継がないことを家庭裁判所で確定させます。相続放棄申立ては通常、相続があった時から3か月以内にしなければなりません。手続きは被相続人の住所地または居所を管轄する家庭裁判所に対し「相続放棄申述書」を提出する方法によって行ないます。

必要な添付書類

  • 被相続人の戸籍謄本
  • 除籍謄本
  • 改製原戸籍謄本
  • 相続放棄をする相続人の戸籍謄本

申立後、家庭裁判所から「相続放棄についての照会書」が届きますので、これに回答し家庭裁判所からの判断を待ちます。これらすべての手続きについて当事務所にて代行させて頂きますのでご安心ください。